波止場の写真学校  東京校 講師(50音順)

■安達ロベルト/Robert Adachi
(波止場の写真学校 東京校副校長・写真家)

スポーツ三昧の日々から高校でアメリカ・アーカンソー州に留学、ファインアートが評価され州の芸術賞を総なめ。コ ンピュータープログラミングでも優秀な成績を収める。帰国後は国際法と難民問題を研究。NGO、国際組織に多数関わ る。22歳で作曲家すずきみゆき氏に師事。演劇、コンテンポラリーダンス、映像、CM、テレビ番組、映画等に楽曲を 提供、国内外で演奏活動を行う。脚本・作曲・演出を担当するオリジナル音楽劇は毎回満員御礼。石川文洋氏の写真に 衝撃を受け、32歳で独学で写真を始める。ウェブに載せた写真がきっかけで雑誌の仕事をするようになる。リコーGR デジタルシリーズ、GXRシリーズのカタログ用写真を撮影。国内外で写真展を多数開催。「写真家の流儀」「ライカ通 信」「カメラマガジン」「F5.6」(エイ出版社)、「GRパーフェクトガイド」「デジタルカメラマガジン」(インプレ ス)、「カメラライフ」「フォトテクニック」(玄光社)等、多数の書籍・雑誌に作品を掲載。主な出版に写真集 「Clarity and Precipitation」(arD)がある。1969年生まれ。上智大学国際関係法学科卒業。


木下アツオ

■木下アツオ/きのした あつお
(波止場の写真学校 講師/クリエイティブディレクター・フォトグラファー)

1971年兵庫県豊岡市生まれ。但馬人。
学生時代にFMラジオ放送の制作に関わり、放送・ラジオの道を志す。高校卒業後、大阪写真専門学校音響芸術学科 (現ビジュアルアーツ大阪校)に入学。卒業後、ルームアコースティックを学ぶため建設関連会社に就職。23歳で建築会社を設立。その後、広告部門を担う写真・印刷・デザインの会社「有限会社時代」を設立。2006年3月、商船三井の古い事務所倉庫をリノベーション。クリエーターのSO-HOスペース「上屋SO-KO」をプロデュース。同リノベーションスペースにmeriken gallery & cafeをプロデュースしオープンする。

2007年3月、波止場写真教室(現在は波止場の写真学校)を立ち上げ、年間400名が通う写真学校を現在運営する。2011年「リコーフォトツアー2011」に講師として参加。現在は建築・音響・写真・映像などの技術を総合し、クリエイティブディレクターとして全国で活動中。プライベートではハーレーダビッドソン・ダイナグライドカスタム2005モデルを所有。2輪車をこよなく愛するアラフォーである。
・meriken gallery & cafe >> http://meriken.jp/
・波止場の写真学校 >> http://hatoba.meriken.jp/


■鈴木光雄/すずき みつお
(波止場の写真学校 東京校校長・写真家)

 

レンブラント、フェルメールなど17世紀の画家に感銘を受け、油絵とデッサンを学ぶ。その後写真に興味を持ち、1988年東京写真専門学校卒業後、写真事務所勤務などを経て、1995年独立し、主に人物や静物の広告写真を撮影。
また、写真家としても活動し、作品は国内や海外各地のギャラリーや写真専門誌で多数発表されている。
2006年より2010年の4年半に生活と活動の拠点としてマレーシアに移住し、マレーシアやシンガポールでの広告やエディトリアル分野の撮影を数多く行なう。
現在は日本へ帰国し、東京を拠点として活動。